新規格のWIFI6って何?今までとの違いを徹底解説

今回は今話題の最新無線規格WiFi6について詳しく説明していきたいと思います。

 

最近では4Gから5Gに変化していくなど通信規格もどんどん変わり今よりも高速化の時代が来ると思います。

家庭内のネット環境を今よりもっと快適にする為に参考にしてみて下さい。

WiFi6とは?

無線LANはわかるけどWiFiはいまいちピンと来ない!そんな方も多いと思います。

【WiFi】は無線の通信規格の一つでWiFi=無線LANの事なんだ!って認識で言いと思います。

過去WiFi4、WiFi5とありましたが無線LANを購入しようと思って家電量販店に行くと本体に書いてある表記は【IEEE802.11n】などになっていました。

 

ぶっちゃけこれだとわかりづらいですよね。

WiFiの規格はIEEEという団体が決めています。今までは「IEEE」から始まる規格名だったのですが、これだと分かりづらいってことでWiFiの普及活動を行っているWi-FiAllianceが最新のWiFi規格「IEEE 802.11ax」の正式名称を「WiFi6」にすると発表しました。

WiFi6は今までのWiFiと何が違うのか?

今までのWiFiと比べて性能が大きく違っているものがあります。

下記で詳しく説明していきます。

回線速度(スピード)の違い

回線速度が依然に比べ早くなりましたがWiFi5の無線ルータをお使いの方は急いで買える必要はないかなと思います。

以下に簡単に回線速度の比較を載せました。

WiFi規格名 最大通信速度 周波数帯 新呼称
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz 帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz帯
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz帯、5Ghz帯 Wi-Fi 4
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz 帯 Wi-Fi 5
IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz帯、5Ghz帯 Wi-Fi 6

Wi-FI4よりも前の無線ルータの場合はG(ギガ)スピードに対応していないので家の固定回線がフレッツ光ギガやニューロ光の場合に回線本来のスピードを出す事ができませんでしたが、Wi-Fi 5よりも上の無線ルータを使えば限りなく近い数字を出す事が可能となっています。

ただ、最大速度はあくまで良環境での実測値になりますので端末までの間に壁や柱があったり、同時に接続する端末数が多くなるとその分回線速度が落ちます。

その為に大事なのが周波数帯となってきます。

Wi-Fi 6は2.4GHz帯も対応!

WiFi5ではこの2.4Ghz帯に対応していませんでした。

無線の周波数帯は以下の2種類があります。

2.4GHz帯と5GHz帯

それぞれの特徴は以下の通りです。

<2.4Ghz帯の特徴>

障害物に強い事や様々な機器に使われている普及型の周波数帯です。

身近なものだと電子レンジやワイヤレスヘッドホンに搭載されているBluetoothなんかがこの規格帯を使っています。

メリット デメリット
・障害物に強い

・搭載されている機器が安い

・使用機器が多いので電波干渉を受けやすい

<5Ghz帯の特徴>

電子レンジや他の無線ルータの影響を受けにくいため安定した通信が可能です。

メリット デメリット
・2.4GHz帯に比べて通信速度が速い。

・あまり使われていない規格帯なので電波干渉を受けにくい

・対応機器の値段が効果

・5GHz帯に対応している機器が少ない。

・障害物に弱い

まとめると、どちらもメリットがあり安定した通信環境で利用したいなら5Ghz帯、壁などの障害物が多い環境では2.4Ghz帯を利用したほうがいいです。

WIFi6やWiFi4なら二つの帯域に対応しており例えば2.4Ghz帯しかない無線ルータだと一つの電波帯を分ける形になるので2台同時に使いたい場合だとその分速度が低下しますが2つの帯域に対応している無線ルータなら一人が2.4GHz帯、もう一人が5Ghz帯と接続すれば速度が低下する事なく利用する事ができます。

 

更にはWIFI6の拡張規格として6GHz帯にも対応する事を発表しています。

詳しくはこちらの記事で

参考 Wi-Fiの新周波数6GHz帯が規格化へ。「Wi-Fi 6E」と命名(参考)engadget

今後は5Gや10Gの時代へ

東京オリンピックに向けて国内のインフラ設備が発達しどんどん高速化の時代に向け進んでいきますが、家庭環境も更に高速化していきます。

家庭内で4Kや8Kをタブレットで見たり高画質のゲームを遅延なくオンラインプレイしたりと色々な恩恵があります。

WiFi6がおすすめな方・おすすめじゃない方

WiFi6がおすすめな方

以下の条件に当てはまる方はWiFi6がおすすめです。

おすすめな方

  • 固定回線でフレッツ光ギガやニューロ光他1Gbps以上の回線を契約している方
  • 現状の無線LANルータがWiFi4以下の方
  • オンラインゲームや4K、8K放送を楽しみたい方

WiFi6がおすすめじゃない方

 

おすすめじゃない方

  • 回線速度を気にしない方
  • 動画視聴やオンラインゲームをプレイしない方

 

正直、オンラインゲームや高画質での動画視聴などをしない方にとっては高速化はあまりメリットがありません。

市販のWIFIルータもピンキリで性能がいい物であればあるほど価格も高くなっていきますので、拘りがない方は安いWIFIルータでも全然問題ありません。

最後に

家庭内のインターネットが遅いと感じている方はこれを気に家庭内のネット環境を見直してみてはいかがでしょうか?

CMで話題のニューロ光やフレッツ光ギガを契約しているのにWIFI4以下の無線ルータを使っているのはもったいないです。

ぜひ家庭内のネット環境を見直して快適なネットライフを送ってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です